重機は国内・海外で需要が異なる!買取査定で大きな違いがある

重機はメーカーの知名度で買取査定で差が出る

人気メーカーの重機

テレビCMでも紹介されるほど知名度が高いメーカー車両なら、信頼性が高いと感じられます。購入時だと、高額な金額がかかりますが買取査定の際、リセールバリューが高まるので高く見積もってもらえるのが期待できます。

マイナーなメーカーの重機

ニッチでマイナーなメーカーの重機だと、査定金額的に安くなりやすいです。新車価格での購入で、1,000万円ほどかかっても売却時に100万円ほどの差が生じてしまうことも。ですが、業者の探し用によっては、それなりの金額がつきます。極力、1つの重機に精通した業者を含めて複数のところに見積を依頼すると良いでしょう。

重機の買取にまつわる真実に迫る

重機の買取では、メーカーの知名度によって金額に差が生じるのはお分りいただけたでしょうか。所有しているものが、知名度的に低くても査定で諦めてはいけません。それでは、重機の買取査定金額はどんな要因で決まるのかに迫ってみましょう。

重機は国内・海外で需要が異なる!買取査定で大きな違いがある

重機

海外の重機事情に迫る

重機は、世界的に不足している代物なので中古でも高い需要を誇ります。そのため、海外に販路を持つ買取業者だと、比較的高額な査定金額がつきやすいのです。高額査定に持っていくために、海外地域で好まれるスペックを有しているのか・現地で部品や修理に関する知識や技術が広まっているのか確認しましょう。

アワーメーターやオイル漏れは気にせずに

重機は、多少のキズやアワーメーターの多さにオイル漏れを起こしている場合でも、査定に何も影響がありません。なぜなら、海外地域によっては人件費が安く、部品の取り扱いや修理ができるメカニックを安い賃金で雇えます。多少の手間がかかっても直せる程度のものなら、高額な金額の査定が期待できます。

国内の需要は海外と異なる

国内では、中古の重機で重要視されるのが「状態」です。特に注目されるのが、アワーメーターの少なさ・年式・エンジンなどの状態です。機器本体の見た目が綺麗なほど、査定金額が高額になりやすいのです。売却を決めたら、内部の整理や掃除を済ませてから査定をしてもらうと高額な金額がつきやすいです。

広告募集中